トピックス

大玉すいかの初競りが行われました

掲載日:2024年06月03日

6月3日、新潟市中央卸売市場(新潟市江南区)で大玉すいかの初競りが行われました。
新潟市西区・西蒲区産の「祭ばやし」が1500ケース(1ケース2玉入り)入荷し、平年に比べて500~700円ほどの高値がつきました。出荷は7月下旬まで続く予定です。

すいか部会長は「今年は変形果が少なく真ん丸な玉で、大玉傾向」とPR。JAの伊藤会長は「生産者の思いが詰まったスイカがいよいよ初出荷を迎えた。たくさん食べて暑い夏を乗り切ってほしい」と呼び掛けていました。

5月31日に行った収穫判定会では、着果日数の異なる大玉スイカ8玉を試し切りし、収穫期を着果から43日後に定めました。糖度は中心部で13度を超えるものもあり、平年以上に甘いことを確認しました。

県内ではJA扱いの大玉スイカの作付が190ヘクタールあり、そのうちJA新潟かがやきが約6割となる約111ヘクタールを占めています。

参考情報

(2024年06月03日時点の情報です)

タグ
SDG's いちご かぶ きゅうり さつまいも すいか そら豆 イベント トマト 亀田横越 五泉 会議 全域 出荷 出荷開始・順調・最盛期 受賞 味方 大根 女性部活動 安田 寄付 弥彦 教育関連 新津 新潟西 枝豆・茶豆 水原 潟東 玉ねぎ 白根 目合わせ 笹神 花き 詐欺被害防止 農作物管理 阿賀 阿賀野 青壮年部活動 食農教育 高温対策 黒埼
アーカイブ
検索
文字