トピックス

燕地区で大玉トマトの出荷が最盛期です

掲載日:2024年06月04日

燕市東太田にある燕集出荷場で、大玉トマトが出荷の最盛期を迎えています。大玉トマトはJA新潟かがやきの出荷量が、JA新潟市に次いで新潟県内2番目。中でも同集出荷場はJA新潟かがやき全体出荷量の約8割を占めます。

大玉トマトの代表品種「桃太郎」はふっくらとした丸い形で、甘みと程よい酸味、しっかりとした果肉が特徴です。燕地区では桃太郎トマトを23人が約290アールで栽培します。出荷は8月上旬まで続き、総出荷量は300トンの見込みです。

燕地区園芸協会の江村正樹会長は「燕産のトマトはそのまま『ガブリ』と食べるのがおすすめだが、ピザなど加熱してもおいしい。いろいろな料理にして味わって欲しい」とアピールします。

今年、ブランド化のため、燕市と協力して新しいロゴ「つばめトマト」を作成し、出荷箱も一新しました。県内外の市場に出荷されスーパーなどに並ぶほか、同集出荷場敷地内の農産物直売所「よりな~れ燕いち」でも購入できます。

参考情報

(2024年06月07日時点の情報です)

タグ
SDG's いちご かぶ きゅうり さつまいも すいか そら豆 イベント トマト 亀田横越 五泉 会議 全域 出荷 出荷開始・順調・最盛期 受賞 味方 大根 女性部活動 安田 寄付 弥彦 教育関連 新津 新潟西 枝豆・茶豆 水原 潟東 玉ねぎ 白根 目合わせ 笹神 花き 詐欺被害防止 農作物管理 阿賀 阿賀野 青壮年部活動 食農教育 高温対策 黒埼
アーカイブ
検索
文字