トピックス

「弥彦むすめ」出荷最盛期

掲載日:2024年05月20日

新潟県産枝豆の中で出荷が最も早い「弥彦むすめ」が出荷最盛期を迎えています。「弥彦むすめ」は新潟県産エダマメの中で出荷が最も早く、新潟県民に初夏の訪れを告げます。

「弥彦むすめ」は枝付き豆の形のまま出荷される今では希少な枝豆です。枝、葉、根が付いた状態で出荷することで鮮度を保てるため、消費者は新鮮なエダマメを味わうことができます。栽培・収穫・調製の全過程を手作業で行っています。

弥彦村野菜部会では22戸が3.6ヘクタールで「弥彦むすめ」を生産。今年は、播種をした2月から収穫まで、全体を通して最低気温が高かったため、食味が良く、収量も多いです。5月5日から出荷が始まり、6月中旬まで計21トンの出荷を見込みます。

弥彦村野菜部会の吉野彰部会長は「今年はさや付きが良く、素晴らしい出来だ。香りや風味が独特でさわやかな甘みの『弥彦むすめ』をたくさんの人に味わってほしい」とアピールしました。

参考情報

(2024年05月23日時点の情報です)

タグ
SDG's いちご かぶ きゅうり さつまいも すいか そら豆 イベント トマト 亀田横越 五泉 会議 全域 出荷 出荷開始・順調・最盛期 受賞 味方 大根 女性部活動 安田 寄付 弥彦 教育関連 新津 新潟西 枝豆・茶豆 水原 潟東 玉ねぎ 白根 目合わせ 笹神 花き 詐欺被害防止 農作物管理 阿賀 阿賀野 青壮年部活動 食農教育 高温対策 黒埼
アーカイブ
検索
文字